本文へ移動

PTA向け講演会 講師一覧

相田 一人
相田みつを美術館館長
肩書きのない人生

相田 一人(あいだ かずひと)/ 相田みつを美術館 館長


PTA向け講演会テーマ

 

肩書きのない人生
〜父 相田みつをを語る〜


経歴
1955年栃木県足利市生まれ  相田みつをの長男。
出版社勤務を経て、1996年、東京銀座に相田みつを美術館を開館。
「本気」「いのち」「じぶんの花を」(文化出版局)、
「いまから ここから」(ダイヤモンド社)などの編集、監修に携わる。
2003年11月東京国際フォーラムに新美術館オープン。
「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの」誰でも一度くらいは、
目にしたり耳にしたりしたことがあるのではないでしょうか。
書家 詩人相田みつをさんの作品です。
余計なものを削ぎ落とした短い言葉を、独特の書体で書いたものです。
苦難の多かった父相田みつをさんの人生を息子の視点からお話して頂きます。

 

著書(各文化出版局)
「父 相田みつを」、「書 相田みつを」

 

相田みつを書籍
「にんげんだもの」、「一生感動一生青春」、「いちずに一本道いちずに一ツ事」、
「生きていてよかった」、「いのちのバトン」 他

株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
TOPへ戻る