橘こころ、ビリギャル、講演依頼、株式会社メディア21

qrcode.png
http://media21-c.co.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

橘こころ (「ビリママ」著者)

 

テーマ 子どもの善意を信じると 子どもは伸びる 子育てが楽で愉しくなる!

テーマ 子どもの善意を信じると 子どもは伸びる 子育てが楽で愉しくなる!
 
 
橘 こころ (たちばなこころ)
〈「ビリママ」著者〉
 
プロフィール
ビリギャル・さやかの母親。
1964年9月生まれ、大阪府出身、名古屋市在住。
自身の幼少期のつらい経験により、
独自の熱い子育て論を持つ。
1987年に結婚した名古屋出身の夫とは、
価値観の相違から不仲の
時代が長く、家庭内は冷えきっていた。
意地になった夫から生活費もほとんどもらえず、
その間、パートをしながら、ずっとひとりで子育てをしてきたが、
さやかの慶應義塾大学合格などをきっかけに、
夫婦仲にも少しずつ変化が現われる。
その後、妹も学年ビリから上智大学に合格。
野球の道で挫折し、一時、自暴自棄になっていた息子は、
父親の跡を継ぎ、経営者になるべく修行を始めた。
今では、お互いの価値観を認めるようになった夫との仲も良好になり、
二人で旅行に行くことも。
   


著 書
娘の「さやか(ビリギャル)」と一緒に
『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じて
  どん底家族を再生せた母の話』
 (株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス) 
を2015年2月に出版。
 
 
橘こころさん(ビリママ)と小林さやかさん(ビリギャル)の
対談形式での講演会もご案内が可能です。
 
 
 小林さやか(ビリギャル)
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて
  慶應大学に現役合格した話』
(坪田信貴・著、発行:株式会社KADOKAWA 
  アスキー・メディアワークス)の
主人公=ビリギャル。
1988年3月生まれ、名古屋市出身、東京都在住。
高2の夏に小学4年レベル、偏差値30の学力しかなく、
教師に「人間のクズ」と呼ばれたことも。
その後、1年で偏差値を40上げ、複数の難関大学、
慶應義塾大学に現役で合格。2014年に結婚。
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900

<<株式会社メディア21>> 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000 大阪駅前第二ビル1018 TEL:06-6345-2800 FAX:06-6345-2900