本文へ移動

防災講演会 講師一覧

野口 健
アルピニスト
災害を生き抜くために

 

野口  健 のぐち けん

 

(アルピニスト)

 

防災講演会テーマ

 

災害を生き抜くために 〜テント村という選択肢〜

 

 

プロフィール

 

経歴
1973年アメリカ・ボストン市生まれ。
亜細亜大学卒業。植村直己氏の著書に感銘を受け、登山を始める。
1999年エベレスト(ネパール側)の登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。
以降、エベレストや富士山に散乱するゴミ問題に着目して清掃登山を開始。
2007年エベレストのチベット側からの登頂に成功。
近年は地球温暖化による氷河の融解防止に向けた対策、日本兵の遺骨収集活動などにも尽力。
亜細亜大学客員教授、了徳寺大学客員教授、東京都レンジャー名誉隊長、山梨県富士山レンジャー名誉隊長。
2016年4月に発生した熊本地震の際には、熊本県益城町でテント村を運営。
最大時で156世帯、571人が入居という大規模なテント村を1ヶ月間運営した経験を元に、自治体などに向けて災害時の避難所のあり方についても提言を続けている。
 
著書
『震災が起きた後で死なないために 「避難所にテント村」という選択肢』(PHP研究所)、『世界遺産にされて富士山は泣いている』(PHP研究所)、『落ちこぼれてエベレスト』(集英社文庫)、『写真集 野口健が見た世界INTO the WORLD 』(集英社インターナショナル)などがある。
無料でお送りいたします!
〜パンフレット活用ガイド〜
 
オールジャンルを掲載している冊子
トピックス別冊子等もございます
お気軽にお問い合わせください!
ご請求・お問い合わせ
 
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
TOPへ戻る