qrcode.png
http://media21-c.co.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900

 

文化・生涯学習

 
 
矢崎 節夫
金子みすゞ記念館館長
今、こだますとき

 

矢崎 節夫 やざきせつお

 

 (金子みすゞ記念館館長/童話作家)

講演テーマ

 

今、こだますとき ~みすゞさんのまなざし~

 

プロフィール

◆経 歴
1947年東京生まれ。早稲田大学英文学科卒業。詩人佐藤義美、まど・みちおに師事し、童謡・童話などの世界で活躍している。
1982年、童話集『ほしとそらのしたで』(フレーベル館)で第12回赤い鳥文学賞受賞。
自身の創作活動の傍ら、童謡詩人金子みすゞの作品を探し続け、埋もれた遺稿512編を発見。特に、長年の努力の集積として執筆した『童謡詩人金子みすゞの生涯』(JULA出版局)においては、1993年、日本児童文学学会賞を受賞している。
1994年3月31日、長門市制施行40周年記念式典で長門市特別功労賞受賞。
近年は、全国各地で講演を行い、金子みすゞの甦りを多くの人々に伝える。呼びかけにより、ネパールにみすゞの名前を冠した小学校が建設されるなど、その活動は多岐に広がり実を結びつつある。

「この世に無用なものはない」という金子みすゞさんの深いまなざしは今も多くのファンの心をとらえている!私達はもしかすると「私とあなた」というまなざしで駆け抜けてきたのかもしれません。自分中心、人間中心のまなざしで。生かされている事の喜び、この世のすべてと共に生きる喜びは「私とあなた」から「あなたと私」というまなざしに変わる事なく、出会う事出来ないでしょう。みすゞさんの詩を通して、まなざしを変える喜びに出会って下さると嬉しいです。
<<株式会社メディア21>> 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000 大阪駅前第二ビル1018 TEL:06-6345-2800 FAX:06-6345-2900