福祉・介護・ボランティア

ビリーケン・キッド
プロレスラー
笑顔のチョップで3カウント!

ビリーケン・キッド(びりーけん・きっど)プロレスラー


スポーツ講演会テーマ

 

プロレスラーを続ける理由

~笑顔のチョップで3カウント!~


経歴

1995年 単身メキシコへ渡り一からプロレスを学ぶ。

1997年 メキシコ クエルナバカにてデビュー。

1998年 メキシコのメジャー団体AAA(トリプレア)入団。

     日本人カルテットの「ロス・カミカゼス」の一員として TVマッチに出場。

2000年 帰国。東京のインディー団体に所属するがアルバイト中心の生活。

2002年 大阪プロレス入団「ビリーケン・キッド」となり数々のタイトル獲得、

     新日本プロレス、全日本プロレス、みちのくプロレス等、他団体にも参戦。

2014年 大阪プロレス退団。フリーとなりボランティアで老人、障がい者、

     保育園等への慰問、施設訪問活動を始める。

2017年 NPO法人プロレスリングアンサー理事長となる。

 

息子の障害を機に引退しようと考えた時に、ボランティアの慰問活動に出会い、

おじいちゃん おばあちゃんの笑顔を見て心を打たれました。

「プロレスラーだからこそ、まだできることがある」。

高齢者、障がい者、保育園様々な施設を300以上訪問し感じたことをお伝えします。

 

 

株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
0
8
7
4
9
5