本文へ移動

福祉講演会 講師一覧

鈴木 ひとみ
人権啓発講師
車いすの今を幸せに思う
鈴木 ひとみ(すずき ひとみ)/ 人権啓発講師

福祉講演会テーマ
 
ファッションモデルより車いすの今を幸せに思う理由

プロフィール 
1962年大阪市生まれ。
1981年「ミス・インターナショナル日本大会」において、
1982年度ミス・インターナショナル準日本代表に選出される。
1983年上京し、ファッションモデルになる。
(ファッション誌ViVi、桂由美、オンワードコレクション他)
1984年8月2日仕事の帰路、交通事故で頚髄損傷し、車いす生活となる。
1985年11月1日、鳥取で行われた身障者の国体に出場。
2種目(スラローム、60m)に大会新記録で優勝。
翌年 イギリス、車いすの世界大会で陸上4種目で金、銀、銅2つを獲得
2004年アテネパラリンピック、ライフル射撃代表。
2011年よりNHK障害福祉賞、審査員
2016年車いすカーリング日本大会準優勝
現在は、執筆・講演活動の他、洋服メーカーのモデルとアドバイザー、
企業のバリアフリーコンサルタントを行っている。

NTV「スーパーテレビ」で「車いすの花嫁さん1」と題した半生が放送。
反響が大きく、その後「車いすの花嫁さん2」『車椅子の花嫁の15年』が放送。
「徹子の部屋」、「クイズ$ミリオネア」、「ザ・ベストハウス1・2・3・」、
「アンビリバボー」、「笑ってこらえて」等、テレビ番組に多数出演。
著書 『命をくれたキス』(小学館)中国・韓国でも翻訳されている。

19才、ミスインターナショナル準日本代表に選出されました。
ファッションモデルとして活躍中の22才の時に交通事故で車いす生活となりました。
自死すら思った絶望の淵から救われたもの、それは恋人の変らない愛。
車いす陸上からチェアスキー、そして射撃でアテネパラリンピック日本代表となる。
諦めない心が第二の人生を切り開く。
そして今、胸を張って言えます。ファッションモデルより、車いすの今が幸せだと。
苦難を乗り越えたエピソードを話し、それぞれの人が悩み解決へのヒントにして欲しい。
たとえ障害があっても社会の一員として誰かの役に立ちたい。
歩いていた頃よりも、もっと成長した生き方をしたい。実践してきた具体例を話します。

主な講演テーマ
「ファッションモデルより車いすの今を幸せに思う理由〜絶望、愛、飛躍〜」
「パラリンピックが私にくれたもの
  〜残された能力を受け入れ、引き出していく限りなき挑戦で得たもの〜」
「『人間』の価値って何?〜生まれ・障害・性別でかわるものではないはず〜」
「人に優しい地域づくり、街づくり」
「車いすからの出発(たびだち)絶望のどん底から這い上がるまでの軌跡−」
「合理的配慮の提供義務について
  〜ユニバーサルデザインとバリアフリーの違いはご存知ですか?〜」
「悩みながら前を向く−いじめ、命の大切さ、生きる力を育む−」
「ユニバーサル・デザインについて
  〜地道なユニバーサル・デザインの実践が社会を豊かにします〜」
 
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
TOPへ戻る