政治・経済・経営

長谷川 幸洋
ジャーナリスト
日本の針路を考える
長谷川 幸洋
ジャーナリスト
日本の針路を考える

長谷川 幸洋(はせがわ ゆきひろ)/ ジャーナリスト


経済講演会・経営講演会テーマ

 

激動する世界~日本の針路を考える


 

プロフィール

 

経歴

1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。

ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)。

77年に中日新聞社に入社し東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長、

論説副主幹などを経て20183月末に退社。ジャーナリストとして活動中。

0609年に政府税制調査会委員、0508年に財政制度等審議会臨時委員、

12年~13年に大阪市人事監察委員会部会長など。

07年から日本記者クラブ企画委員、13年~16年に規制改革会議委員、

16年から規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。

 

福田康夫首相の退陣(『月刊現代』200810月号)、野田佳彦首相の衆院解散・総選挙(201210月『現代ビジネス』コラム)、安倍晋三首相の衆院解散・総選挙(201410月『ニッポン放送』番組「ザ・ボイス~そこまで言うか」)など、政局の節目を他に先駆けていち早く予想し、いずれも的中させた実績をもつ。

 

著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)で、09年の山本七平賞受賞。近著は『ケント&幸洋の大放言!』(ビジネス社・ケント・ギルバート氏との共著)。趣味はゴルフ、スキー。SAJスキー指導員の資格を持つ。

 
 
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
0
9
0
5
5
9