本文へ移動

安全大会講演会 講師一覧

吹浦 忠正
世界の国旗・国歌研究会共同代表
危機管理の理解と誤解
吹浦 忠正  ふきうら ただまさ

(NPO法人世界の国旗・国歌研究会共同代表)

安全大会講演会テーマ
 
危機管理の理解と誤解

 
プロフィール
 
経 歴
1941年、秋田市生まれ。早大政経学部政治学科卒、同大学院政治学研究科修了。
学生時代にオリンピック東京大会組織委国旗担当専門職員
(当時のことは、現在、小学校6年生用「道徳」の教科書に詳述)後に、長野冬季五輪組織委儀典担当顧問。 
国際赤十字海外駐在代表として第3次印パ戦争や1973年の「パリ協定」前後のベトナム戦争時に
駐在・東京財団研究推進担当常務理事として陸・海・空自衛隊最高幹部OBらとともに、
露・台・印・韓・米などで数回にわたりシンポジウムなどを開催。わが国を代表するような有力な学者・
専門家からなる安全保障問題研究会(1973年、末次一郎 創立・軍事評論家・久住忠男を座長に、
防大・猪木正道、京大・高坂正堯 防大・西原正・青学大・袴田茂樹などで構成)の事務局長として
四半世紀在勤、2001年に逝去後は、累計49回の日ソ(露)専門家会議を継承、訪露歴130回、
4島交流推進全国会議副議長として北方領土訪問歴11回、防衛大学校での卒業記念講演なども。 
特別行政法人北方領土問題対策協会講師団元議長。
東京都生涯学習審議会委員、難民を助ける会副会長など。
埼玉県立大教授をはじめ、防大、明大、埼玉大、聖心女子大、拓大、東洋英和女学院大学大学院などで
指導した。
 
現在、評論家、難民を助ける会特別顧問、(社福)さぽうと21理事長、法務省難民審査参与員、
安全保障問題研究会委員、ユーラシア21研究所(安全保障と日本外交が主)理事長など。
政治学、安全保障関連の学会員、研究会員など多数に所属。
日露関係、オリンピックや世界の国旗、捕虜問題に詳しく、
東京・江東区の全70小中学校をはじめ、全国各地で講演や「出前事業」継続中。
2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」で国旗考証を担当。
2019年、オリンピック・パラリンピック組織委員会国際局アドバイザーに就任。
 

 
無料でお送りいたします!
〜パンフレット活用ガイド〜
 
オールジャンルを掲載している冊子
トピックス別冊子等もございます
お気軽にお問い合わせください!
ご請求・お問い合わせ
 
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
TOPへ戻る