本文へ移動

劇団カッパ座

劇団カッパ座は、等身大ぬいぐるみ人形劇団です。1968年の設立以来、全ての子ども達に夢と希望を伝えるため、全国公演を開催しています。子ども達を取り巻く環境は、日々変化していますが、その中に於いても日々の生活の中で夢をもつこと、感謝の心を忘れないことはとても大切なことですね。
 
劇の前に唱和する合言葉にしあわせの種としてメッセージを込めて幕を開けます。「やくそくまもろう」「なかよくしよう」「あいさつしよう」
 
名作童話・日本昔話はもとより、数々のオリジナル作品で、全国公演を実施。その地球環境問題や、いじめをテーマにした作品などで小学校を巡回するキャラバン隊も実施しています。年間の公演数は、小作品を含み1,000回を超えます。
 
公演の時間構成>
第1部 歌のおねえさんとみんなの輪(30分、歌・手遊びで会場を盛り上げます。)
第2部 劇団カッパ座人形劇(演目により異なります。)

そんごくう

原作:呉承恩(30分または60分作品)
中国の山奥、かか山の石から生まれた孫悟空。八戒、沙悟浄と共に天竺へ。軽快なテンポの中、子ども達は童話の世界へ引き込まれ、知らず知らずの内に正義感を養う事が出来る作品です。

いのっち

テーマ:『命の尊さ』(30分作品)
 
一つの命は、家族や周辺の人の愛情によって育まれていったものであり、ゲームのようにリセットできるものではなく、尊く大切なものであることをお芝居を通して伝えていきます。 
 
ある小学校の4年にこにこ組は明日から夏休み、しかし、クラスメートの「いのっち」が病気を治すため急に田舎に引っ越してしまいます。先生から手紙と鉢植を渡されたみんなは交代で世話をすることに・・・。次の日から交代でお世話をしにやってくるクラスメート達。いろんな事件がおこります。それでも悪戦苦闘しながらお花の世話を続けなんとか三学期を迎えた皆が得たものとは、、、。

おとぼけキッズ

テーマ:『友情・いじめ問題』(30分作品) 
 
いじめの問題に光をあて友情について一緒に考えていきます。"おとぼけキッズ"のメンバー、「デンタク」・「ハチ」・「キュウ」はアイドルを目指す三人組。歌と踊りの練習に集まりましたが、その時メンバーの「キュウ」が忘れ物をしてしまいます。

何となく気まずい雰囲気の中、練習が始まるが「キュウ」は仲間の二人から無視をされ孤独にさいなまれ、その場からいなくなってしまいます。「ハチ」は「キュウ」の事が心配になりリーダーの「デンタク」がいなくなった隙を見て「キュウ」を探しに出る途中で不思議な宇宙人「パラパラ」と出合う。
「差別」や「いじめ」がない星から来たパラパラを知り反省した「ハチ」は宇宙人の「パラパラ」と共に「キュウ」を探しに出かけます。
上記の作品以外にも多数取り揃えておりますので、気軽にご相談下さい。
趣旨、ご予算に応じてオススメ作品をご案内させていただきます。
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
TOPへ戻る