本文へ移動

金澤 泰子・翔子(かなざわ やすこ・しょうこ)/ 書家

テーマ:ダウン症の娘と共に生きて
 

泰子さん略歴

金澤翔子の母。1943年生まれ、明治大学卒業。

書家 柳田流家元に師事。

1990年、東京・大田区に「久が原書道教室」を開設。

著書に『愛にはじまる』(ビジネス社)、『天使の正体』(かまくら春秋社)、『翔子の書』(大和書房)、『涙の般若心経』(世界文化社)、『心は天につながっている』(PHP研究所)、『あふれる愛』(どう出版)その他多数。

久が原書道教室主宰。東京芸術大学評議員。日本福祉大学客員教授。

翔子さん略歴

1985年6月12日 東京都目黒区に生まれる。 

5歳で母の師事で書を始める。

20歳、2005年銀座書廊で初個展。

2009年鎌倉建長寺、京都建仁寺で個展開催。(以後毎年開催)

2011年奈良東大寺で個展開催。福島に「金澤翔子美術館」を開設。

2012年NHK・大河ドラマ「平清盛」揮毫。

2013年銀座に「銀座金澤翔子美術館」を開設。

平泉中尊寺で個展。熊野大社、厳島神社で奉納の揮毫。国体の開会式で揮毫。

ニューヨーク国連本部でスピーチ。ニューヨーク、チェコでも個展開催。

日本福祉大学客員准教授。文部科学省スペシャルサポート大使。

 

ダウン症の娘を生んだ母は「希望がないから育てられない」と、一時は絶望を味わった。しかし、時を経て、娘の金澤翔子は書道家としての道を着実に歩んでいる。子育てに悩む親はもとより障害児を抱える親など、より多くの人々に夢や希望を見いだしてほしい。

講演会ジャンル
文化・生涯学習、人権、福祉、教育講演会
無料でお送りいたします!
〜パンフレット活用ガイド〜
 
オールジャンルを掲載している冊子
トピックス別冊子等もございます
お気軽にお問い合わせください!
ご請求・お問い合わせ
 
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
TOPへ戻る