本文へ移動

男女共同参画講演会 講師一覧

茅原ますみ
アナウンサー
男女共同参画社会の理想と現実
茅原 ますみ  (ちはら ますみ)
 
(アナウンサー)

男女共同参画講演会テーマ

男女共同参画社会の理想と現実


プロフィール
 
経 歴
1987年、日本女子大学文学部英文学科を卒業
株式会社テレビ東京に入社、報道局ニュース報道部に配属 ニュースの特集取材のほか、
北朝鮮との国交正常化交渉の取材や、社会 党の土井たか子委員長(当時)の同行で、
湾岸戦争開戦前日のイラク取材も体験。
政治記者としてPKO法案をめぐる牛歩国会など、「55年体制」最後の時期を取材する。
1995年~アナウンス室に異動 業界初の『ママになってから女性アナ』に
お昼の1時間のニュース番組『ニュースワイド11』のキャスター、皇室特番、政治特番などを担当。
土曜日曜夕方のニュース番組『ニュースアイ土日特集』のメインキャスター時は、
少子化問題について自ら企画し取材、編集、放送するシリーズ
『ますみの少子大国ニッポン』特集を定期的に 放送し好評を得る。
2005年に報道局取材部に戻り、都庁や厚生労働省を担当した後、
夕方のニュース番組のニュースデスクに
その後、ドラマ制作室や編成局などを経て、
2017年~総務人事局総務部で、主に事務局長としてCSR業務を 担当し、
テレビ東京のCSR活動のひとつ、テレビの仕事を体験する『校外学習』プログラムで、
文部科学省の『平成30年度青少年の体験活動推進企業表彰』文部科学大臣賞を受賞した。
プライベートでは、3人の男の子の母親で、 
独自の考えから、お受験体験、公立学校でのPTA活動、就職活動にも伴走...と
子育ての醍醐味を満喫した育休は常に約半年で現場復帰
ママでも楽しく働き続けよう!という雰囲気作りを牽引
2021年10月フリーアナウンサーに
現在は、司会、講演、執筆活動、アナウンサー志望の学生へのアナウンス指導なども行う。
吉方位をみる空気の学問《気学》鑑定士でもある。

特 徴
男女雇用機会均等法1期生でありながら、テレビ局は男尊女卑の世界だった。 
日本の男女共同参画からワーク・ライフ・バランスへ、 サラリーマン人生で感じた歴史的背景を解説。 
夫は元フジテレビアナウンサーの笠井信輔。 
夫を通して、そしてテレビの現場を通して感じた男女差別のあれこれと、 
それをどう乗り切って、周囲の意識を変えさせたのか? 
妊婦ファッションでの通勤、取材から始まり、男女雇用機会均等法の歴史の中で、 女性社員たちもどう変わってきたのか? 
また、息子3人を育てる中での辛くも楽しく明るい体験談や 
どうしたら夫が家事や育児に目を向けてやれるようになるのか?を、 
独自の方法論で伝授します。 仕事の現場の現実と子育てに関する楽しい講演です。                                    
    

 
ご請求・お問い合わせ
 
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
TOPへ戻る