本文へ移動

臼井敏男(うすいとしお)/ 元朝日新聞論説委員

テーマ:部落差別をこえて ~取材ノートから~
 
生年・出身:
1949年、岡山県生まれ。

学歴:
東京大学法学部卒業。

経歴:
1972年、朝日新聞社入社。
宮崎支局、行橋支局、福岡総局、朝日ジャーナル編集部、東京社会部をへて、大阪社会部次長、東京社会部次長。
1997年、論説委員、
2000年、東京社会部長、
2003年、論説副主幹。
2009年、定年。引き続き、朝日新聞でシニアライターとして「ニッポン人脈記」を担当、「反逆の時を生きて」と「差別を越えて」を執筆した。
2010年、朝日新聞社を退職した。
2009年4月~2011年3月、慶應義塾大学非常勤講師(取材論)。
2012年4月~2013年3月 武蔵大学非常勤講師(新聞研究)
2013年4月~ 中央大学経済学部客員講師。
2014年4月~2015年3月末 武蔵大学非常勤講師(新聞研究)
現代の部落と部落差別の状況、差別をなくす方策についてお話しします!
著 書
:『叛逆の時を生きて』(朝日新聞出版) 『部落差別をこえて』(朝日新書)
特 長
:被差別部落を取材しようと考えたキッカケや当時の周辺の反応、東西での部落問題の捉え方の差や今後の方向性など。一人ひとりがすべきことは何か。
また、学校の役割はなにか。同和教育は外部からどう見られているのか。人権教育の中で同和教育はどう位置づけられるのかお話をいたします。
 
講演会ジャンル
人権講演会
無料でお送りいたします!
〜パンフレット活用ガイド〜
 
オールジャンルを掲載している冊子
トピックス別冊子等もございます
お気軽にお問い合わせください!
ご請求・お問い合わせ
 
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
TOPへ戻る