本文へ移動

村上信夫+有馬理恵 「いのちの対談」

村上信夫 (元NHKエグゼクティブアナウンサー)
経 歴
1953年、京都生まれ。元NHKエグゼクティブアナウンサー。
これまで、『おはよう日本』『ニュース7』『育児カレンダー』などを担当。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』など、NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、「嬉しいことば言葉が自分を変える」をテーマにした講演を、全国各地で幅広い年齢層に向け、精力的に行っている。
東京・京都・大阪などで「ことば磨き塾」を主宰。
東京・恵比寿のアートカフェフレンズで、月1回トークライブも開催。
文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00~)、月刊『清流』連載など、放送や文筆でも活躍している。

有馬理恵(劇団俳優座所属舞台女優)
経 歴:
和歌山県生まれ。劇団俳優座所属。舞台女優。
高校時代に「釈迦内柩唄」(水上勉作、浅利香津代主演)を観て衝撃を受け、芝居の道へ。
1992年俳優座入団。「ミュージカルはだしのゲン」「いつもいつも君を憶ふ」「先生のオリザニン」「かもめ」「肝っ玉おっ母とその子供たち」「憲法ミュージカル」「朗読 戦争とは……」シリーズなど数多くの作品に出演しつつ、1999年より「釈迦内柩唄」をライフワークとして各地で主演。
2013年日本新劇俳優協会「朗読・Mini Festival」観客賞受賞。
2012年米国ルイビル国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞 受賞作品、映画「円空・今に生きる」で、円空の母を演じる。

生きることの大切さ素晴しさ 今見つめたい大事な「命」について

 

人の死をめぐる中から見えてくる生命の尊さ、美しさを

日本中の町や村を廻りながら、

人と人との出会いの中に築きあって行きたいと願っています。

TOPへ戻る