同和問題講演会、人権講演会の講師依頼、メディア21

qrcode.png
http://media21-c.co.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

人 権

 
 
村崎 太郎
猿まわし師
被差別部落に生まれて

 

村崎 太郎 むらさきたろう

 

 (猿まわし師)

講演テーマ

 

橋はかかる~被差別部落に生まれ育って~

 

プロフィール

◆経 歴
1961年、山口県光市生まれ。
17歳で初代次郎とコンビを結成し、日本に途絶えた猿まわしを復活。
次郎の“反省”ポーズで全国的な人気者になる。
1991年「文化庁芸術祭賞」を受賞。
1992年にはアメリカ連邦会議から「日本伝統芸」の称号が授与された。
2007年テレビプロデューサー栗原美和子と結婚。
2008年、妻である栗原著の私小説「太郎が恋をする頃までには…」で、被差別部落出身であることを公表。
2009年には、自らが被差別部落民の経験を執筆した「ボロを着た王子様」を出版。
2010年6月に夫婦共著で「橋はかかる」を出版し、部落問題に関して新しい視点で言及し、話題を呼んでいる。同著は、全国図書館協議会の選定図書と認定されている。
『猿まわし』、そして、講演では、被差別部落出身である自らの立場から「部落差別」について、分け隔てのないよう社会をつくりたい、『橋をかけたい』という熱い想いを語ります!
最後に、想いの込もったギターと歌声。盛りだくさんの講演会です!! 
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900

<<株式会社メディア21>> 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000 大阪駅前第二ビル1018 TEL:06-6345-2800 FAX:06-6345-2900