本文へ移動

鳥越 俊太郎(とりごえ しゅんたろう)/ ジャーナリスト・ニュースキャスター

テーマ:がんと向き合って
 
プロフィール
1940年3月 福岡県吉井町(現うきは市)生まれ 
1958年3月 久留米大附設高校卒 
1965年3月 京都大学文学部国史学科卒 
          4月 毎日新聞社入社、

 
以後、新潟支局、大阪本社社会部、東京社会部、サンデー毎日編集部、クエーカータウン・フリープレス社に1年職場留学、
外信部(テヘラン特派員)、サンデー毎日編集長などを努める。

 
1989年  8月 毎日新聞退社 
          10月 テレビ朝日系列「ザ・スクープ」キャスター 
1995年10月~2001年3月
同上「サンデージャングル」キャスター 
2002年10月~ 「ザ・スクープスペシャル」キャスター 
2002年10月~2011年3月 「スーパーモーニング」コメンテーター 
2002年10月~2005年3月 TBSラジオ「CUBE」 
2003年  4月~2005年3月 関西大学社会学部教授 
2004年  4月~2005年3月 フジテレビ系列「僕らの音楽」 
2005年  4月~ TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」(月曜日) 
2008年  4月~  BS朝日「医療の現場」キャスター 
2009年  7月~ 岩谷時子音楽文化振興財団・評議委員

 
現在は、芸能活動ばかりでなく、エッセイスト、目白大学教授(客員)、
日本ユニセフ大使など、知性派タレント、文化人として世界を舞台に
幅広く活躍している。
 
受賞
2001年4月「日本記者クラブ賞」(ザ・スクープの桶川女子大生ストーカ―事件報道に対し)
2004年5月「日本ギャラクシー賞報道活動部門大賞」(ザ・スクープスペシャルの警察裏金報道に対し)
 
主な著書
『あめりか記者修行』(中公文庫)  
『異見―鳥越俊太郎のジャーナリズム日誌』(現代人分社) 
『桶川女子大生殺人事件』(メディアファクトリー)  
『ニュースの職人』(PHP研究所) 
『人間力の磨き方』(講談社新書)  
『鳥越俊太郎のエンディングノート』(アーススター) 
『がん患者』(講談社)  
『細野豪志の証言』(講談社)
 
講演会ジャンル
生涯学習講演会、健康講演会、環境講演会
株式会社メディア21
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-1000
大阪駅前第二ビル1018
TEL.06-6345-2800
FAX.06-6345-2900
TOPへ戻る